<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<<  September 2018  >>
# Homepage リニューアル

 

ホームページが新しくなりました。

家具等の詳細は後日アップします。

 

お気に入り等に登録して頂いている場合、

変更が反映されない事がございますので

お手数をおかけしますが、再度登録して

頂けますと幸いです。

 

http://www.wohl-hutte.com/

 

|07:44 |
# 10 Anniversary

 

 

 

10

 

 

 

壊される寸前だったぼろぼろの一軒家を借りて、

手伝ってもらいながら自分達でお店を作りはじ

めたのが11年前の事。

 

そして、小さな工房shopを作ってから今年で

10年が経ちました。

 

これまで本当に沢山の方達に支えて頂き、刺激

を受け、助けられて、今日続けてくる事が

きました。

 

とにかく家具やインテリアが大好きではじめた事

でしたが、作った物を喜んで頂き、美しい景色や

幸せな時間を生む体感する事は、ただ好きと

いう気持ちを超えて大きな喜びとなり、創る事へ

の活となりました。

感謝の気持ちでいっぱです。

 

そして今、更にこの仕事に夢中になり、今後も

じっくりと深めていきたいと思っております。

 

木という自然の一部を使わせて頂く事に心から

感謝し、先人達の知恵を学び、家具やインテリ

アを通して心が豊かになる物、空間、時間、を

創り、繋げていきたいと思っております。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

皆様もお良い年をお迎え下さい。

 

WOHL HUTTE/

 

 

|07:20 |
# ABEMAKI

 

12/30−1/1はSHOPの冬休み 1/6より通常営業となります。

 

12/30日までの期間中、

ホームページメンテナンスの為、お問い合わせは

下記までお電話下さい。お手数をおかけしますが、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

TEL:0574-27-1762

(shopが定休日の際は電話が転送されます。担当:堀部)

 

 

 

 

 

ブース.jpg

 

 

 

 

先日東京ビックサイトで行われましたエコプロ2016

にて、岐阜県美濃加茂市の里山を整備する為に切り出される

「アベマキの木」を使って、地域の方達で製品化した器、フローリング、

家具、木琴、などなど、、、

の展示ブースと椅子を、作らせて頂きました。

 

 

私達は最後の部分で、木を形にさせてもらいましたが、

そこまでの間には、自然豊かなこの里山を守って

資源を大切にし、次の世代へ繋げていこうという方達

による日々の努力や想いが、沢山詰まっています。

 

 

 

アベマキは硬くて加工しづらいですが、その分欠けたり傷付いたり

しにくく丈夫な製品になります。

また、木目にも黒に近い濃い色が所々に入ったりとそれぞれ自然の

産物ならではの個性があり、ながく使えて愛着がわきます。

 

 

 

 

 

TONE chair.jpg
 

 

 

TONEstool.jpg

 

私達の工房では重なる木目、森林の色調から
「TONE」というシリーズでスタッキングチェアと

スタッキングスツールを作らせて頂きました


革にそれぞれのナンバーが刻印され、この番号が増える程、里山が
守られていきます。

まだサンプルの状態ですが、2月頃を目途に販売できるように準備

しておりますので、また改めて紹介させて頂きます。

 

 


 

 

 

 

 

|12:05 |
# THERE WAS IT THERE.

 

 

 

襤褸7.jpg

酒袋

 

 

 

襤褸5.jpg

蚊帳(藍染)

ボドコ(敷物)

 

 

襤褸8.jpg

帯芯

ボドコ

 

 

襤褸2.jpg

刺し子風呂敷

 

 

襤褸6.jpg

帯芯

 

 

襤褸4.jpg

学生服

 

 

襤褸3.jpg

 

 

 

襤褸9.jpg

足袋

角袋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繭袋

ガーゼの掛け軸

 

 

 

テキスタイル2.jpg

靴下

ハンカチ

テーブルクロス

 

 

テキスタイル.jpg

 

 

 

 

IMG_8812.jpg

ストール

 

 

 

 

 

 

ドローイング2.jpg

ドローイング

 

 

texitile4.jpg

ハンカチ

シルクスクリーン箱

 

 

子供1.jpg

子供Tシャツ

股引

テーブルクロス

 

 

「THERE WAS IT THERE.」

 

無事に終了致しました。

お越し頂いた皆様、ご協力頂きました皆様、そして渡辺夫妻、

、心に残る大切な時間となりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

|13:19 |
# ホームページメンテナンスのお知らせ

 

お知らせ

 

平素よりお世話になっております。

 

12/30日までの期間中、

ホームページメンテナンスの為、アクセスできなります。

 

コンタクトからメールを頂く事ができませんので、

下記までお電話にてお問い合わせ下さりますよう

お手数をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

 

TEL:0574-27-1762

(shopが定休日の際でも電話が転送されます。担当:堀部)

 

 

 

|12:39 |
# news

 

 

エコプロ2016 

【森林からはじまるエコライフ展】

岐阜県美濃加茂市のブースにて、

岐阜県美濃加茂市の里山で育った「アベマキ」の木を使った

椅子を展示致します。

https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/6628/

東京ビックサイト

12/8(木)−12/10(土)

http://eco-pro.com/2016/

 

IMG_5158.jpg

 

 

 

 

 

|00:10 |
# THERE WAS IT THERE.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dm_ura.jpg

 

 

 

 

 

 

 

THERE  WAS  IT  THERE.

 

 

 

12.3 (土) - 12.11 (日)

open/ 10:00−17:00

※close /12.8 (木)

 

 

at

WOHL HUTTE/

岐阜県美濃加茂市太田本町1-7-2

0574・27・1762

上記期間以外は金土日13-18:00営業です。

12.2(金)は展示準備の為、臨時休業とさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

襤褸5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渡辺  純 / 襤褸 (ぼろ)

 

1978年愛知県生まれ

28歳から襤褸の収集を始める

ヘアサロン folk代表(名古屋市千種区)http://www.folk-hair.com/

 

野良着、股引、半纏、角袋、ボドコ、刺し子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

texitile2.jpg

 

 

 

IMG_8586.jpg

 

 

 

 

渡辺  奈穂 / テキスタイル

 

1980年 京都府生まれ

大学在学中にシルクスクリーンを学ぶ

偶然できた沁みや線、古い手紙などから

引用した文字を心象風景に変えて、

シルクスクリーンで布にコラージュする

 

テーブルクロス、ストール、靴下、ハンカチ、

クッション、ブランケット

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

ついこの間内装を担当させて頂いた、美容室folkの渡辺夫妻の

展覧会を開催致します。

 

襤褸(ぼろ)とは、日本が貧しく布がまだ貴重だった時代、

女性達を中心に家族のため、寒さをしのぐため布を重ねて

ちくちくと縫い、使いこみ、擦り切れては繕う事を何度も

繰り返してきた衣服や道具です。

今回、50点程の様々な種類のぼろが展示されます。

是非間近で、その背景や気配を、実際に感じてみて下さい。

 

今回のタイトル、

「THERE WAS IT THERE.」「そこにあったもの」は、

奈穂さんの作品名そのものです。

DMにも布に対する言葉をよせてくれました。

生活の中で寄り添うものでありながらも、どこか抽象的な世界

とを行き来する彼女の世界観を、この場所で実現できるのが今

からとても楽しみです。

 

いつもとは少し違った布の空間へ、暖かくしてお越し下さい。

 

 

 

 

|23:38 |
# folk

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

folk

 

 

 

 

本山の緩やかな坂の途中、

街路樹のむこう側に見えるのは、お寺へとつづく道。

「浄化」する時間を意識しながら、

この場所を訪れた人が、髪を整え、

豊かで幸福な時間が流れる場所になりますように、

美容室を作るお手伝いをさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|23:58 |
# group exhibition

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8169.jpg

 

 

すっかり時間が経ってしまいましたが、Living&design2016

いつもと違った環境で色々な方と家具のお話しができ、

短いながらも気づきの多い時間でした。

関係者の方々、お立ち寄り頂いた方々、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|09:00 |
# open

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランス ドア.jpg

 

 

 

 

 

 

Small entrance

to

hair salon.

 

 folk

 

10/11

renewal open.

 

 

 

 

 

 

 

エントランス.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|10:56 |
Mobile
qrcode
Sponsored Links